Barbour Care fashion jacket Outer

Barbour「オイルドジャケット」普段のお手入れ方法と注意点【バブアー】

更新日:

5d41c82c1204091fcc7f8bebcfa87d3d

画像引用:thornproof

 

Barbourの名作「オイルドジャケット」

 

Barbour(バブアー)の名作、オイルドジャケットは、悪天候の下で働く漁師や水夫のために油を塗った布製レインコートとして1890年代に生まれました。

 

 

ファッション性・機能性の両方を兼ね備えており、一度着ると手放せなくなってしまうという愛好家も多い歴史的な名作です。非常に丈夫なジャケットで、長く着ることができるというのも特徴のひとつです。

 

 

良いものには手間をかける

 

どんなに良いものでも、長く綺麗に使うためにはそれなりに手をかけてやることが必要です。オイルドジャケットは、こまめにお手入れをすることで半永久的に着ることが可能になります。

また、このメンテナンスという作業がバブアーのジャケットを持つ者の嗜みにもつながります。手間がかかるものほど可愛いとはまさにこのこと。

それでは、普段のお手入れ方法を詳しく見ていきましょう。

 

※ リプルーフ(オイル入れ)について知りたい人はこちら

Barbour「オイルドジャケット」リプルーフ(オイル入れ)方法【バブアー】

  画像引用元:thornproof   本格的に涼しくなってきましたね。そろそろオイルドジャケットを・・・という人も出てきたのではないでしょうか。 今回の記事では、バブアーのメン ...

続きを見る

 

 

「オイルドジャケット」普段のお手入れ法

 

こまめにブラシをかける

 

まず覚えておきたいお手入れ方法は、ブラッシングです。

 

 

ジャケット表面の汚れや砂埃は普段からこまめにブラシで払い落としましょう。このとき、皮脂汚れが付きやすい襟元のコーデュロイ部分もブラシをかけるのを忘れずに。

注意点としては、コーデュロイ部分は強くブラシをかけると生地が痛んでしまうので、ゴシゴシと強くブラシをかけないようにします。
 

By: Stephan Hochhaus

 

ジャケット本体も襟元同様に、表面の汚れを払う程度に優しくブラシをかけます。

ブラシは他の衣服と兼用せずにバブアー専用のブラシを準備して使用しましょう。ブラシに付着したオイルが他の衣服についてしまうのを防ぐためです。

 

 

定期的に風にさらす

 

オイルドジャケットは風や雨を通しにくいという特性があります。

防風や防寒に強いオイルドジャケットは、言い換えれば通気性は良くないということです。通気性が良くないということは、湿気の多い日本ではカビが生えやすくなります。

カビが生えないようにするには風通しの良い場所でしっかりと影干をすることが大切です。

 

 

 

クローゼットでは布をかける

 

タンスやクローゼットにオイルドジャケットをしまうときは、ジャケットに通気性のよい布を被せて保管しましょう。

 

 

そのままクローゼットに入れてしまうと、バブアーのオイルが他の衣類に付いてしまう可能性があります。

特に、おろしたてやリプルーフ(オイル入れ)後のバブアーはオイルがまだ定着していない状態なので注意が必要です。カバーは他の衣服と兼用せず、バブアー専用のものを作ることをおすすめします。

不織布のカバーは通気性も良く、また気軽に取り換えが出来るのでおすすめです。

 

 

定期的にオイル入れを

 

オイルのムラが目立つようになってきたオイルドジャケットは、リプルーフ(オイル入れ直し)をすることで新しいジャケットのように生まれ変わります。

リプルーフは、Barbour バブアー 純正 「ソーンプルーフドレッシング」で行います。

 

 

バブアーのオイルドジャケットはオイルが剥げてきたとしても、オイルを入れなおすことで半永久的に着ることが出来ます。

オイルにはジャケットの生地の強度を上げてくれる役割もあります。オイルが抜けたバブアーは耐久性が弱くなり、破れの原因にもつながります。こまめに定期的なリプルーフを行うことで、長くオイルドジャケットを楽しむことが可能になります。

 

※ リプルーフに関しては別記事にくわしくまとめています。

Barbour「オイルドジャケット」リプルーフ(オイル入れ)方法【バブアー】

  画像引用元:thornproof   本格的に涼しくなってきましたね。そろそろオイルドジャケットを・・・という人も出てきたのではないでしょうか。 今回の記事では、バブアーのメン ...

続きを見る

 

 

ジャケットが濡れてしまったら

 

Hans / Pixabay

 

雨や雪で濡れたジャケットは、風通しのよいところで自然乾燥させてください。狭くジメジメしたスペースは避けましょう。カビの原因になります。

また、熱風や火に当てて乾かすようなことは決してしないように!オイルが溶けだしてしまいます。また、オイルに火がつくととても危険なので、火気には特に気を付けましょう。

 

もしカビが生えてしまったら

 

カビが生えてしまった場合の対処法を見ていきましょう。

急ぎの場合は、水を含ませたスポンジなどで表面を拭き取ることで一時的な処理は可能です。ただ、殺菌したわけではないので、またすぐにカビが生えてくる可能性があります。

カビが生える原因の一つとして、オイルの劣化が挙げられます。オイルが酸化していき、カビの絶好の繁殖条件になってしまうのです。

 

 

菌を根本的に殺菌するには一度オイル抜きをして、新しいオイルを入れなおす必要があります。カビが生えてしまった場合は、バブアーの正規取り扱い店「ラヴァレックス社」に依頼してオイル抜きとリプルーフをしてもらいましょう。

自分でオイル抜きをやりたいという人も多いかと思いますが、この「オイル抜き」という作業は素人が行うにはなかなか厄介で大変な作業です。また、専門店以外でのクリーニングは保証が効かなくなってしまうので気を付けましょう。

カビの対策のためにも、普段のお手入れと定期的なリプルーフはとても大切です。

 

※ ラヴァレックス社への「クリーニング依頼方法」詳細はこちらの記事から

Barbour「オイルドジャケット」リプルーフ(オイル入れ)方法【バブアー】

  画像引用元:thornproof   本格的に涼しくなってきましたね。そろそろオイルドジャケットを・・・という人も出てきたのではないでしょうか。 今回の記事では、バブアーのメン ...

続きを見る

 

93276daa846c50d883c42da7c488e3d8

 

 

 外出先でのマナーを知る

 

バブアーのオイルドジャケットは、比較的湿度の低いイギリスで生まれました。ところが、日本はイギリスに比べて湿度が高いため、オイルの臭いが気になりやすい環境になります。

最近では、バブアーのオイルの臭いは随分改良され昔ほど匂いが気になるものではなくなってきました。とはいえ、バブアーを持つ男性たちの中ではマナーとして定着していることもあるので、ぜひ知っておきましょう。

 

画像引用:thornproof

 

電車や密室、人の多い場所ではバブアーは脱ぐ

 

電車や密室、人の多い場所では必ずバブアーを脱ぎましょう。

おろしたてのバブアーは特にオイルが付着しやすい状態にあります。バブアーを着たまま電車の座席に座ったり、壁や人にもたれかかると、オイルがべったりと付着してしまうこともまれにあります。

 

 

また、バブアーのオイルの臭いが苦手という人も少なからずともいます。周りの人への配慮ができて初めて「バブアーを着こなす」といえますね。

 

 

オイルドジャケットの持ち方

 

オイルコーティングされた面を内側にむけてジャケットを二つ折りにして、手に持ちましょう。これで、周囲へのオイル付着防止と匂いの軽減に配慮ができます。

最近では、オイルコーティングに洗いをかけたモデルも展開されています。オイルの匂いが気になるという人や、使い勝手を優先する人は、ウォッシュ加工のあるバブアーを最初から購入するのも一つの方法です。

バブアーを持つ紳士として、きちんとした知識とマナーを身に着けておきたいですね。

 

 

※ ”Barbour”購入可能なオンライン通販、直営店、セレクトショップに関してはこちら。

Barbour バブアー 購入可能なオンライン通販・直営店リスト

  ※uiiuでは、本物のインポート商品のみ販売している通販サイトを厳選して掲載しています。詳しくはコチラ   Contents1 オンライン通販1.1 公式オンライン1.2 セレ ...

続きを見る

 

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

Barbour バブアー BEDALE SL ビデイル スリムフィット ジャケット MWX0318
価格:42230円(税込、送料無料) (2016/8/18時点)

 

画像/資料 参考・引用元 Barbour

Sponsored Link

-Barbour, Care, fashion, jacket, Outer
-, , ,

Copyright© uiiu , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.