jacket LAVENHAM Outer

LAVENHAM(ラベンハム)を着こなそう!各モデルの特徴&サイズ感【レディース】 

更新日:

 

 

LAVENHAM

 

logo_labenham

 

 

LAVENHAM(ラベンハム)のキルティングコートは薄くて軽いのに暖かいことで有名です。

それもそのはず、実は英国皇室御用達のブランドであり、GUCCI(グッチ)などの一流ブランドのキルティングも手掛けています。

今回は、そんなラベンハムのキルティングジャケットを素敵に着こなすために、ジャケットの種類をはじめ、着た時のサイズ感までじっくり紹介していきたいと思います。

 


 

ラベンハムのモデルを確認しよう

 

ラベンハムには大きく分けて、2つのシリーズが存在します。

細身シルエットのRAYDON FIT(レイドンフィット)は、すっきりと着こなしたい人におすすめのシリーズ。

ゆったりシルエットのBRUNDON FIT(ブランドンフィット)は、厚手のセータやジャケットを中に着込みたい人におすすめのシリーズです。

 

 

RAYDON FIT / レイドンフィット (スリムフィットモデル)

 

RAYDON FIT(レイドンフィット)は、暖かさもファッション性も兼ね備えた、すっきりとした細めのシルエットが特徴のモデル。
スリムフィットの位置づけになります。ジャケット丈や襟元の型によってさらに種類が分かれているので、もう少し詳しく見ていきましょう。

 

WESTERFIELD / ウェスターフィールド

 

WESTERFIELD(ウェスターフィールド)はフード付きのキルティングベストモデルです。

 

 

肌寒い秋や春のちょっとした羽織として重宝します。すっきりしたシルエットなので、真冬にはコートの下に重ねて着ることも可能です。

 

 

RAYDON / レイドン

 

RAYDON(レイドン)は、襟がコーデュロイのモデル。ラベンハムの中でも最もスタンダードな型です。

 

 

襟付きジャケットで、仕事やきちんとしたお出かけ用のアウターとしても活躍してくれます。 キルティング素材ですが、襟付きの細身のシルエットなので、可愛いすぎずスタイリッシュなイメージに仕上げてくれます。

 

 

CRAYDON / クレイドン

 

CRAYDON(クレイドン)は、先ほど紹介したRAYDON(レイドン)の襟元がフードに変化したモデル。

 

 

フードタイプですが、スリムシルエットなので上品なカジュアルスタイルに仕上げてくれます。フードがアクセントになってくれるため、全体のコーディネートバランスをとりやすいのが魅力です。

 


 

HALSTEAD / ハルステッド

 

HALSTEAD(ハルステッド)はロング丈のコートタイプのモデルです。

 

 

襟元をよく見ると、襟もフードもついています。HALSTEAD(ハルステッド)はフードの取り外しが可能で、フードを取り外せばきちんとした場面でも使用でき、幅広い対応が可能な便利なモデルです。

 


 

BRUNDON FIT / ブランドンフィット (ミドルフィットモデル)

 

BRUNDON FIT(ブランドンフィット)は、ゆったりとしたシルエットが特徴。細身に作られたRAYDON FIT(レイドンフィット)と比べ、身幅やアームホールに2cmほど余裕のあるつくりとなってます。

 

こちらもジャケット丈や襟元の型によって種類が細かく分かれているので早速見ていきましょう。

 

RAMSEY / ラムジー

 

RAMSEY(ラムジー)は、ラベンハムの中では珍しいミドル丈。
 

 

ちょうどお尻がすっぽり隠れるくらいの丈です。「ショート丈じゃ物足りないけど、ロング丈は長すぎる」という人に。

 


 

BRUNDON / ブランドン

 

BRUNDON(ブランドン)はロング丈のフードタイプ。

 

 

ロングコートなのにシックになりすぎないのは、フードのおかげ。大人のカジュアルスタイルにも大活躍のモデルです。

 


 

HAUGHLEY / ホーリー

 

HAUGHLEY(ホーリー)は、ロング丈の丸襟タイプ。

 

 

どこかクラシカルな雰囲気が漂います。丸襟ですが、キュートになりすぎず大人っぽく着こなすことができます。

 


 

その他人気モデル

リバティモデル

 

裏地がリバティのモデルは毎年大人気!その年ごとに新しいリバティ柄を採用したデザインなので、レア度の高いアイテムです。

 

 

ボアモデル

 

裏地がボアの真冬にも強い一枚。フード部分からボアがちらっと見えて、可愛さも兼ね備えた嬉しいモデル。

 

ノーカラーモデル

 

ノーカラーモデル、PUDDLEDOCK(パドルドッグ)。首まわりがすっきりして見え、着痩せ効果もあるモデルです。

 

 

ミリタリーモデル

 

ミリタリーファンにはたまらないMETTINGHAM ARMY QUILTING(メッティンガム アーミー キルティング)。上質なミリタリースタイルにおすすめのアイテム。

 

 

フランネルファーモデル

 

フード部分にファーをあしらい、本体のキルティング素材自体もマットに仕上げた大人っぽいシリーズ。襟元のファー、ジップアップで着膨れせずに防寒対策もばっちり。

 


 

※ラベンハム購入可能オンライン通販情報はコチラ

 

ラベンハムのサイズ感について

 

では、気になるサイズ感を見ていきましょう。ここでは、モデルさんが実際に着用している写真を集めてみました。

 

モデル着用写真で実際のサイズ感を見てみよう

 

身長154cm・普通体型・普段Sサイズ着用

 

こちらは身長154cmの女性がRAYDON(レイドン)34サイズを着用した場合の画像。

中に厚手のものを着なければ34サイズでジャストサイズです。

 

 

 

こちらも先ほどと同じ女性。中にニットとシャツを重ね着をしてからCRAYDON(クレイドン)の36サイズを着用した画像です。上の画像の34サイズと比べ、若干腕は長くなりますが許容範囲内。

厚着をしたいなら36を選んで正解。着膨れ感もありません。

 

 

 

こちらではBRUNDON(ブランドン)36サイズを着用。

中にはスウェットを着用していますが、もともとゆったりめのシリーズなので、余裕をもって着ることができます。ぶかぶかに見えることもなく、シルエットも綺麗です。

 

 

 

身長168cm・普通体型・普段Mサイズ着用

 

こちらの女性は身長が高いこともあり、中にニットとシャツを重ね着して38サイズを着用してジャストサイズという印象です。肩の部分が気になる人や、中に厚着をしたいなら40を選んで。

 

 

こちらではBRUNDON(ブランドン)38サイズを着用。

中には薄手のニットを着用しています。ゆったりめのシリーズなので、自然な余裕をもって着ることができます。シルエットも綺麗です。

 

 

 

身長150cm・普通体型・普段Sサイズ着用 = ラベンハムでは34・36サイズがおすすめ

身長150cm前後の女性はラベンハムの34がジャストサイズ。厚手のセーターを着たい場合や、ゆとりが欲しい場合は36がおすすめです。

 

身長160cm・普通体型・普段Mサイズ着用 = ラベンハムでは36・38サイズがおすすめ

身長160cm前後の女性はラベンハムの36がジャストサイズ。厚手のセーターを着たい場合や、ゆとりが欲しい場合は38がおすすめです。

 

身長170cm・普通体型・普段M~Lサイズ着用 = ラベンハムでは38・40サイズがおすすめ

身長170cm前後の女性はラベンハムの38がジャストサイズ。厚手のセーターを着たい場合や、ゆとりが欲しい場合は40がおすすめです。

 

 

※ラベンハム購入可能オンライン通販情報はコチラ

 

まとめ

 

いかがでしたか?

ラベンハムのサイズ感やモデルの特徴、少しでも理解していただけたなら幸いです。フードがついていたり、ロング丈なだけでなく、意外とたくさんの種類のモデルがあるのですね。

ぜひ、自分の着こなしにぴったりの一枚を見つけてくださいね!

 

 

Sponsored Link

-jacket, LAVENHAM, Outer

Copyright© uiiu , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.