Barbour / バブアー Outer / アウター

Barbour(バブアー)の「ノンオイルジャケット」が今、注目を集めている

バブアーの”ノンオイル”ジャケット

バブアーと言えばオイルドジャケットが有名です。

オイルドジャケットは綿のジャケットにオイルコーティングが施してある上着で、バブーアの代名詞ともいえるアイテム。

デニムやレザーのように着こめば着込むほど味が出てかっこよくなるうえ、手入れをしてあげると半永久的に使えるというところが魅力です。

一方で、オイルドジャケットの取り扱いが不安だという初心者さんや、もう少し気軽にバブアーを楽しみたいというファンも多く、そんな人には「ノンオイル(ノンワックス)」ジャケットがおすすめです。

今回は、バブアーの「ノンオイルジャケット」シリーズについて、オイルドジャケットとの違いも比較しながら紹介したいと思います。

Sponsored Link

人気の”ノンオイル”シリーズ

まずは、バブアーの大人気かつ定番シリーズ「BEDALE(ビデイル)」のノンオイルモデルを紹介したいと思います。

バブアー初心者さんで迷ってしまったときは、このシリーズをチェックしておけば間違いないでしょう。

バブアーの風合いを大切にした「PS BEDALE(ピーチスキン ビデイル)」

「ノンオイルが良いけど、バブアーのあの雰囲気が好きなんだよなあ」といういう欲張りなファンのために作られたのが、PS BEDALE(ピーチスキン ビデイル)。

ピーチスキン(PS)という生地を採用し、表情豊かでクラシカルな雰囲気に仕上げています。

オイルドジャケットの風合いを再現するべく作られたモデルではありますが、肌触りが非常に柔らかく取り扱いに気を遣わない点がメリットです。

身幅が細身の スリムフィット と身幅が大きめの オーバーサイズ の2種類のモデル展開となります。

以前はオイルドジャケットにウォッシュド加工を施したモデル「BEDALE SL WASHED(ビデイル スリムフィット ウォッシュド)」も発売されていました。

今年の公式オンラインでは掲載がなく、おそらく在庫限りと思いますので気になっている人は早めの購入がおすすめです。

一番人気!タウンユースにぴったりの「2L BEDALE(2レイヤー ビデイル)

次に紹介するのは、一番人気のノンオイルドジャケット 2L BEDALE(2レイヤー ビデイル)

2レイヤー(2L)は撥水性・透湿性に優れた素材。皺がつきにくくパリッとした肌触りです。

フードなし・フード付きの2型のモデルが展開されています。

2L ビデイルは、身幅が細めに作られたスリムフィット設計となります。

オイルドジャケットのクラシカルな雰囲気とは異なり、スポーティで都会的な生地感とシルエットで着こなすことができるモデルと言えるでしょう。

軽く水を弾いてくれるので、天候が変わりやすい季節の変わり目にもおすすめです。

ビデイルのノンオイルモデルには、レギュラーフィット・クラシックフィットの展開がありません。

クラシカルなバブアーの雰囲気を楽しみたい人は、オイルドジャケットも一度検討してみましょう。

トレンド感のある、ワイドシルエットシリーズ

近年人気急上昇のシリーズ、TRANSPORT(トランスポート)からもノンオイルモデルが展開されています。

バブアーの風合いを表現するべく「ピーチスキン」素材を採用。

身幅が広めのボックスシルエットで、羽織るだけでトレンド感のある着こなしが完成します。

女性からの人気も非常に高く、男女ともにオーバーサイズ気味に着用するおしゃれさんが多く見られます。

コート感覚で羽織れる、ロング丈

コート感覚で羽織れるロング丈モデル Burghley(バーリー)

撥水効果のある「2レイヤー」素材を採用しており、雨や雪の日にも心強いアイテムです。

バーリーは乗馬用に作られたシリーズなので、自転車やバイクで移動する人にも是非チェックして欲しいシリーズ。

スリムフィット設計でジャケットスタイルにも合うので、私服だけでなく通勤利用もおすすめです。

オイルドジャケット・ノンオイルジャケットの違い

共通点

オイルドジャケット・ノンオイルジャケットは生地の仕様だけを変えており、同じシルエットで作られています。

オイルドジャケットよりも”ライト”

「ノンオイルジャケット」は色々な意味でオイルドジャケットよりも”ライト”です。

気軽に取り扱いができますし、ジャケット自体の重さも軽量です。

ただ、「ノンオイルジャケット」は真冬に着るには少し寒いと感じるかもしれません。

オイルドジャケットはずっしりとした重厚感があるぶん防寒性に優れており、真冬にも強いアウターです。

春秋メインなら「ノンオイルジャケット」がおすすめですが、真冬に着たいのであればオイルドジャケットも検討しましょう。


[バブアー] ビデイル Bedale ワックスドコットンジャケット MWX0018 SG91 セージ 38

クリーニング・お洗濯について

オイルドジャケットは特殊な素材のため普通のクリーニング屋さんには出せず、専門のクリーニング店にお願いする必要があります。

一方で「ノンオイルジャケット」は、普段使っているジャケットやコートと同じようにご近所のクリーニングに出せるため、お手入れやお洗濯が気軽にできるというメリットがあります。



BARBOUR(バブアー) ノンオイルジャケット / メンズ レディース

男性は経年変化を楽しめるオイルドジャケットが人気の傾向にありますが、二着目のバブアーとして気軽に羽織れるノンオイルモデルを選ぶ人も多く見られるようになりました。

女性では取り扱いやすさやお洗濯ができるかどうかを重視する人も多く、「まずはノンオイルジャケットから」という人も多いようです。

経年変化について

バブアーのオイルドジャケットは、使い込むほどに味が出て経年変化を楽しめるのが醍醐味です。

しかし「ノンオイルジャケット」は経年変化はほとんど見られません。

そのため、バブアーの経年変化を楽しみたいという気持ちが少しでもある人には、やはりオイルドジャケットをおすすめします。

お手入れが面倒に思われがちなオイルドジャケットですが、大切なところさえ押さえれば意外とお手入れは簡単です。

少しでもオイルドジャケットに後ろ髪をひかれるようでしたら、後悔のないようにまずはオイルドジャケットを先に購入することをおすすめします。

Barbour(バブアー) の人気シリーズを比較する【オイルドジャケット】
Barbour(バブアー)のオイルドジャケットを長く愛用するために【普段のお手入れ方法と注意点】
デキる男はお返しもおしゃれ!ホワイトデーにおすすめの人気スイーツ特集
pink and white flowers in white ceramic vase
【2024年度版】母の日に贈りたい、おしゃれなフラワーギフト【お花・カーネーション】

Sponsored Link