fashion Wallet / 財布

デキる男の財布「マネークリップ」の使い方&おすすめブランド -メンズ編-

キャッシュレス化で需要が加速するマネークリップ

 

 

キャッシュレス化の流れとともに、マネークリップの需要がぐんと伸びています。

海外ではメジャーな財布として使われているマネークリップですが、日本ではまだ使っている人はそう多くはありません。

しかし、財布よりもコンパクトにお金を持ち歩けるため、一度使ったらもう財布には戻れない人が続出しているのも事実。

今回の記事では、マネークリップの魅力や基本的な使い方、おすすめのマネークリップブランドを紹介していきたいと思います。

 

 

Sponsored Link

 

 

マネークリップとは

 

マネークリップは、お札をまとめて挟むクリップのこと。「札ばさみ」や「札クリップ(お札クリップ)」とも呼ばれます。

シンプルなクリップ型のものであっても、お札だけでなくカードも一緒に挟めます。

 

 

最近では、簡易的に小銭が収納できたり、お札を奇麗に持ち歩くことのできるカバー付きのマネークリップも増えてきました。

いきなりマネークリップをメインの財布にするには勇気がいるという人は、まずはサブ財布として試してみるのがおすすめです。

 

 

マネークリップを使うメリット

かさばらずにお金を持ち歩ける

お財布を持ち歩くとき、バッグを持たない人は特にポケットに財布を入れて持ち歩いている人が多いかと思います。

しかし、ポケットが膨らみお財布がはみ出してしまうことがほとんど。見た目にも防犯上にもあまりよくありません。

マネークリップを使うことで、ポケットが膨らむことなくお金を持ち歩けます。

 

 

女性受けがいい

男性がマネークリップを使うことに対して、女性からも好意的な意見が多く聞かれます。

多くの女性はマネークリップを使う男性について「仕事ができそう」「大人の男性」「かっこいい」との好印象を抱いているようです。

(特にスーツ姿の男性がマネークリップを持っているとドキッとする、という声が多数見受けられました)

男性自身も、マネークリップを使うことで大人の男性としての自覚や自信がアップすると感じる人も多いようです。

マネークリップをカッコよく使うことで、モテる男性への第一歩となるのではないでしょうか。
 

 

マネークリップの使い方

まずは、マネークリップの使い方「お札の挟み方」「お札の取り出し方」の基本を解説したいと思います。

3通りの挟み方があるので、ご自身のスタイルに合った使い勝手のいい方法を選んでいただければと思います。

 

お札の挟み方

 

1. お札をまとめて一気に折って挟む

 

 

最初に紹介するのは、お札を重ねて一気に折って挟む方法。

  1. 開いたままお札を重ねる
  2. 重なったお金をそのまま折る
  3. マネークリップに挟む

この方法は、最も一般的で基本的な挟み方ともいえます。

お札を取り出すときは、お札を一度全てマネークリップから外して支払います。

 

 

2. お札を一枚ずつ折って挟む

 

 

次に紹介するのは、お札を一枚ずつ折って挟む方法。

  1. お札を一枚ずつ、二つ折りまたは三つ折りにする
  2. 折ったお札を重ねる
  3. マネークリップに挟む

この方法はマネークリップにお札を挟んだままでも「紙幣が数えやすい」「紙幣が取り出しやすい」というメリットがあります。

画像のようにお札の折り目を外側に向けるように挟むと、見た目もすっきり綺麗に見えます。

お釣りで数枚の紙幣を受け取ったときは、その場では一旦お札をまとめて折って挟んでおき、時間のあるときに一枚ずつ挟み直すというのがおすすめの使用法です。

 

 

3. お札を折らずにそのまま挟む

 

 

三つ目に紹介するのは、お札を折らずにそのまま挟む方法。

  1. 開いたままのお札を重ねる
  2. そのままマネークリップに挟む

この方法は、お札が数えやすく、たくさんお札が挟めるのがメリットです。

挟む紙幣が少ない場合にはお札がクリップから外れてしまう可能性があるので、ある程度お札の枚数があるときにおすすめの方法です。

ただ、お札が折れたりよれたりしやすいので、お札をガードしてくれるカバー付きマネークリップを利用するのもいいでしょう。

 

 

 

挟めるお札は何枚?

マネークリップに挟めるお札の枚数は、紙幣を二つ折りにした場合は約10~15枚枚、伸ばした状態だと約25~30枚が基準です。

たくさんお札を挟みすぎると、マネークリップが広がり緩くなってしまうので気を付けましょう。

逆にお札の枚数が少なすぎるとクリップから抜けやすくなってしまうため、お札を三つ折りにするなどして挟む紙幣の厚みを調節しましょう。
 

 

お札の取り出し方

 

まずお札を取り出す前に、マネークリップに挟んだ状態でお札を数えます。

次に、残す方のお札を押さえて必要なお札を引き出します。

 

お札をまとめてから折って挟む方法(「お札の挟み方」の項目で紹介した1番の挟み方)の場合は、クリップに挟んだままの状態ではお札が数えにくいです。

その挟み方の場合は、クリップからお札を外して数えましょう。

 

 

マネークリップおすすめブランド

 

TAVARAT / タバラット

 

 

コスパ良し!日本製マネークリップブランド

シンプルで使いやすいデザインのマネークリップは、日本のブランド TAVARAT(タバラット)のアイテム。

安心の日本製でありながら、購入しやすい価格帯のため人気のブランドです。

最もスタンダードな「クリップ型」のマネークリップは、初心者から玄人まで幅広く人気があるモデルです。

クリップの表面は光沢を抑える加工を施しており、高級感がありスタイリッシュなデザインに仕上がっています。

四種類のカラーリングがあり、ご自身のスタイルに合わせて色を選べます。
 

 

 

 

Philippi / フィリッピ

 

 

美しさも機能性も兼ね備えた、デザイナーブランドのマネークリップ

ドイツのデザイナープロダクトPhilippi(フィリッピ)のマネークリップは、地元ドイツの小さなショップからニューヨーク近代美術館(MoMA)まで、幅広く取り扱いのある注目ブランド。

一見シンプルに見えるこちらのマネークリップですが、挟める場所が三か所あり、表に万札・裏面に千円札・真ん中にカードという風にご自身の使いやすいように分けて挟むことが可能です。

デザイナーブランドでありながら購入しやすい価格も魅力です。
 

 

 

 

STORUS / ストラス

 

 

カードも挟める、一番人気のマネークリップ

機能性を求めるならぜひチェックしておきたいのが、STORUS(ストラス)のマネークリップ。

カードホルダーにマネークリップがついた「カードクリップ型」で、片面には紙幣・もう片面にカードが挟める仕様となっています。

カードやお札が曲がりにくいようにしっかりガードしてくれる作りなので、お札やカードを大切に持ち歩きたい人におすすめです。

高級感のあるデザインや豊富なカラー展開も人気で、百貨店等でもセレクトされています。
 

 

 

PORTER / ポーター

 

人気鞄ブランドのカバー付マネークリップ

日本が誇る吉田カバンのオリジナルブランドPORTER(ポーター)のマネークリップは、マネークリップになじみのない日本人でも安心して使える機能性とデザイン性が魅力です。

レザーにエンボス加工を施し、品よく落ち着いたルックスの『CURRENT/カレント』シリーズは、ポーターの中でも人気のシリーズ。

クリップは可動式で、マネークリップに慣れていない人でも紙幣の出し入れがスムーズにできるような設計。

カードポケットも10ポケットと豊富で、几帳面な日本人にもピッタリのアイテムといえます。
 

 

 

小銭はどうする?

 

マネークリップを使う時、小銭の収納はどうするとよいでしょうか?

・・・正解は「コインケースを持つ」あるいは「小銭が出ないようカードや電子マネーをメインに使う」です。

徐々に日本でもキャッシュレス化は進んではいるものの、まだまだ小銭や現金が必要な場面は多くあります。

そのため、マネークリップを持つときはカードや電子マネーだけでなく、少しの現金は持ち歩いた方が安心と言えます。

マネークリップだけでなくコインケースもあると、近所のちょっとした買い物にも便利です。

マネークリップを持つ人は小銭入れも一緒に購入することをおすすめします。

 

おしゃれで機能的!大人のコインケースブランド特集【おすすめ】

    ちょっとした日用品の買い物での外出時、カバンやお財布をわざわざ持って出かけるのはちょっと・・・という人も多いのではないでしょうか。 そんなときはコインケースがあるととっても ...

ミニバッグ用のお財布に!女性におすすめマネークリップ特集【レディース】

今、マネークリップ女子が急増中!   CANDY DESIGN&WORKS Hopper Double Clip マネークリップ   女性にはあまりなじみのないマネークリッ ...

 

 

マネークリップを使う際の心得&マナー

 

使い方を誤ると一気に”ダサい”人に・・・

 

基本的に”デキる男”が持つイメージがあるマネークリップですが、使う場所やマナーを間違えると「イキっている」「ダサい」と見られてしまうことがあります。

せっかくマネークリップを手に入れたのに、ご自身の評判が落ちては元も子もありません。

そこで、マネークリップを使う前にしっかりマナーもチェックしておきましょう。

 

 

ビジネスシーンでのマネークリップは控えよう

ビジネスシーンにおいて、取引先のお客さんや目上の人の前で利用することは極力控えましょう。

お金をむき出しで持つことを「だらしない」「生意気」と不快に感じる方もいるので、ビジネスシーンでお金を出す可能性がある場合はお財布に入れ替えるようにしましょう。

 

現金を持ちすぎない

お札を挟むためのマネークリップですが、クリップからはみ出るほどたくさんのお札を挟んでいたり、あきらかに大金を持っていることをアピールするような使い方をすると品がなく見えてしまいます。

「いくら挟むのが多すぎない金額なのか」はその人のお金の使い方にも左右されますが、多くても3~5万円程度に収めておくのが妥当かと思います。

それ以上多くの現金を持ち歩く必要のあるときは、財布に入れ買えるようにしましょう。

 

高額紙幣は内側にくるむのがマナー

少額紙幣を外側にして高額な紙幣をくるむようにまとめるといいでしょう。

大きなお金を持っていることを周りにアピールしないことが、デキる大人の男であり日本人のたしなみです。

 

支払い時にはお札を広げる

 

マネークリップでお札を折りたたんで収納している場合でも、支払いの時は必ずお札を広げて支払いいましょう。

お札を折りたたんだまま支払うことは、お金をもらったお店の人がいちいちお札を広げることになり相手想いではありません。紳士として、相手のことを思いやる気持ちを大切に、お札は広げて支払いましょう。

 

 

マネークリップをカッコよく使える人になろう

いかがでしたでしょうか。

マネークリップは日本ではまだ認知度が低く、お札をむき出しの状態で持つことをあまり歓迎しない人も多くいます。

相手の立場になって物事を考えることができる人が使うマネークリップが、結果カッコいいアイテムになるのだと感じます。

紙幣を丁重に扱い、持ち歩くことを礼儀とする日本ならではの考え方も大切に、うまくマネークリップを取り入れていきたいですね。

 

Sponsored Link

-fashion, Wallet / 財布

© 2021 uiiu Powered by AFFINGER5